Kurohama
CentOSダウンロード
入手先
■Red Hat Linuxのフリー版であるCentOSをダウンロードします。
こちらがCentOSプロジェクトのホームページとなります。

サンプル1

i386が32bit版でx86_64が64bit版となります。
ここではi386をダウンロードします。
i386をクリックすると以下の画面になります。

サンプル2

http://ftp.riken.jp/Linux/centos/5.3/isos/i386/を選択します。
※バージョンが上がって5.4等となっている場合があります。最新版のダウンロードをお勧めします。

サンプル3

上の画面からDVD版の場合は、CentOS-5.3-i386-bin-DVD.isoを選択してダウンロードします。
CentOSをインストールするパソコンがDVDに対応していない場合はCD版をダウンロードします。
CentOS-5.3-i386-bin-1of6.iso
CentOS-5.3-i386-bin-2of6.iso
CentOS-5.3-i386-bin-3of6.iso
CentOS-5.3-i386-bin-4of6.iso
CentOS-5.3-i386-bin-5of6.iso
CentOS-5.3-i386-bin-6of6.iso

をダウンロードします。
※バージョンが上がって5.4等となっている場合があります。最新版のダウンロードをお勧めします。
メディアに焼き付ける
■ダウンロードしたファイルをお使いのパソコンにプリインストールされている、CD/DVDライティングソフト等でCD-R/DVD-R等に焼きます。
作成方法はISOイメージとなります。 インストールする手順は以下のページで紹介します。

CentOS5インストール
CentOS5インストール(Virtual PC)

CD/DVDライティングソフトがお使いのパソコンにプリインストールされていない場合はCDBurnerXPをご利用ください。
CDBurnerXPの使い方
こちらのページからCDBurnerXPをダウンロードします。

サンプル4

ダウンロードしてインストールします。特別な設定は特に必要ないので普通にインストールして大丈夫です。
CDBurnerXPを起動すると以下の画面が表示されます。

サンプル5

データディスクを選択します。
サンプル6

先程ダウンロードしたCentOSを上図のようにドラッグアンドドロップします。
ディスクへの書き込みを開始します。
インストールディスクが完成したらOSをインストールします。

CentOS5インストール
CentOS5インストール(Virtual PC)
参考
■CentOS5のインストールに必要なマシンスペック

メモリー 512M以上
ディスクスペース 1.2G以上
■自宅やオフィスで外部向けサーバーを公開する時は、IPアドレスを固定なされることをお勧めします。
IPアドレスが固定されていれば、ドメイン管理会社のDNSレコードを書き換える必要が無いので、確実にURL転送が行えます。
25番ポートブロックの影響を受けないので、メール送信の確実性が高まります。
固定IPアドレスを取得できるプロバイダはASAHIネットを推薦します。
このページのご意見
■このページへのご意見・ご要望、間違い、誤字・脱字のご連絡はこちらからお願いします。
Copyright(C)2009 KUROHAMA All rights reserved